昨日の夕方、国道25号線の杭全(大阪市平野区)付近を大阪から奈良側に向かって走っていると、
道路交通法に反した右側通行の自転車が前からこっちに向かってきた。
とりあえず、後方から車が来ていないことを確認した上で中央線側に避けてスルー、
車線の左側に、も…戻れない!


なんとそこには反対車線一列走行する、野球少年達の自転車の長い長い列がっ!!!!(爆)
国道25号線の真ん中で、彼らを停止させて注意するわけにもいきませんから、
車道の真ん中を飛ばして一気にベースボール・トレイン(苦笑)の終わりまで走り抜けました。


というわけで、該当野球少年達は、もしこれを読んだら次からは、左車線を走るよう心掛けるように。
該当野球少年指導者は、ちゃんと車道左側通行の指導を徹底するように。


参考リンク:神奈川県警察/自転車に乗るときのルールとマナー

Q  自転車に乗っているとき、走る場所は決まっているの?
A  歩道と車道の区別のある道路では、車道を走行しなければいけません。
 車道でも、左側端を走ります。
 「自転車も乗れば車の仲間入り」自転車は車両の一種ですから、歩行者用道路や歩道を走行することはできません。
 関連条文〜道交法第17条第1項、第4項、第18条第1項

きっちりぴたっと縦一列に並んで走っていたところから、道路交通法を誤解してるだけだと思う。以後、気をつけて。